TEL06-6551-8677

〒551-0031
大阪府大阪市大正区泉尾1-8-1

大阪市大正区の歯科、谷田歯科医院。予防歯科、歯周病治療、小児歯科、インプラント、ホワイトニングに対応

小児矯正

EPARK 予約はコチラ
MOBILE

子供の矯正治療

歯並びが悪いと

  • 歯磨きで磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすい。
  • 噛み合わせが整っていないため、食べ物が噛みにくくなる。
  • 悪い顎のバランスが全身の骨格を歪め、姿勢が悪くなったり肩こりなどの原因となる。
  • 悪い歯並びがコンプレックスとなる。

小児矯正のメリット(子供の頃から歯並びを整えるメリット)

  • 永久歯が正しい位置に生えるように誘導する。
  • 顎の成長を促すことで、抜歯の可能性を減らすことができる。
  • 虫歯になりにくくなる。
  • コンプレックスの解消。

矯正治療を始める時期

  • 矯正治療を始める時期には個人差がありますが、永久歯が生えそろう前に行うのが最適です。
  • 子供の矯正治療には「第一期治療」と「第二期治療」に分かれる。

第一期:永久歯に生え変わるまでの治療、骨格のバランスを整えたり顎の成長を促すなどして、永久歯が正しく生える土台を作る。
第二期:永久歯が生えそろってからブラケット(矯正装置)を歯に取り付けて、歯を動かします。

矯正治療中の注意事項

  • 歯や矯正装置にくっつく食べ物は、なるべく食べないようにしましょう。
  • 激しくぶつかるスポーツは口の中を切ることがあるので注意しましょう。
  • 矯正装置があるため歯磨きしにくくなりますが、時間をかけて丁寧に磨くようにしましょう。

先天的な咬合異常

先天的な咬合異常とは?

「先天的」とは、生まれた時から、という意味です。
つまり生まれつき歯並びに異常があることを指します。

咬合異常の種類

唇裂・口蓋裂

唇の上に割れ目がある状態です。
軽く割れ目がある状態や、鼻にまで達し、口と鼻が繋がっている状態まで差があります。
鼻まで繋がっている状態を「口蓋裂」と言います。
日本人の場合、約500人に1人の割合で生まれると言われています。
治療は手術により行いますが、早すぎても治療ができません。一度ご相談ください。

顎変形症

上下の顎のバランスが悪いため、正しい噛み合わせができない症状です。

PAGE TOP